« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年9月

2018年9月27日 (木)

秋彼岸塔婆供養会

Dsc08556

昨日26日は秋彼岸の塔婆供養会でした。お参りいただいた檀信徒の皆様、お疲れ様でございました。

今年は雨の多い9月になり、26日は久しぶりの晴れ間だったのにもかかわらずやはり法要開始ごろからポツポツと雨が降り始め、法要後の法話中は土砂降りになってしまいました。

まあなんとか参列者の皆様が帰られる頃には雨も小康状態となっていましたが、早く例年のような秋晴れの続く日々になって欲しいものです。

そして今回の法話・・・というより、今回は来年に総本山で行われる「二祖真教上人御遠忌」に向けての総本山参拝旅行のご案内を中心に話をさせていただきました。

同じように来年の春と秋の彼岸法要後もこの『二祖真教上人とその御遠忌』についてもっと詳しくお話させていただき、その参拝旅行が檀信徒の皆様にとって有意義なものになるようにと思っています。

何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、これで今年の当寺院の3大行事も全て終了しました。

また来年の春のお彼岸でも、皆様のお元気な姿を拝見できることを祈念しております。

そして最後になりましたが、今週末にかけて今年三度目となる神戸に迫りくる「台風」には、充分備えたいと思います。

合掌

普照院HPに戻る

2018年9月23日 (日)

秋彼岸墓園参詣供養

Pumindxfud0ed4n1537691348_153769144

今年は9月に入ってから雨の日が続き、お彼岸になってもいっこうに晴れる気配が無かったのですが、本日は正に「雨の中日」の晴れ間となり、爽やかな風が流れる墓参日和となりました。

お参りいただいた皆様、本当にお疲れ様でございました。

さて彼岸シーズン前半全て雨模様となっていたからでしょうか、今日はどこを走っても渋滞、渋滞・・・

そして中日としては珍しく墓参後の午後からのお参りが多い年となったため、お参りの先々、どこもギリギリとなってしまい申し訳ありませんでした。

そのような中、お墓でも、お参り先でも、皆様のお元気そうなお姿を拝見することができ、私にとっては幸せなお彼岸中日となりました。

さあ皆さん、でもお彼岸は今日で終わりではありませんよ!

あと3日、そして最終日(結願:けちがん)の当寺院の彼岸法要も、何卒宜しくお願い申し上げます。

*事前にご連絡をいただければ、住職が代理で墓参することも可能です。諸事情によりお参り出来ないお家の方は、どうぞご遠慮なくご連絡下さい。

(写真は、本日代理墓参させていただいたお家です。右側の「越之海」というのは四股名で、江戸時代の有名なお相撲さんのお墓なんですよ。)

合掌

普照院HPに戻る

2018年9月17日 (月)

二祖真教上人七百年御遠忌記念 有縁の地法要

Dsc08521

昨日、当寺院から歩いて2分程の場所にある時宗 真光寺で行われた『二祖真教上人七百年御遠忌記念 有縁の地法要』のお手伝いに参加してきました。

毎年、同日に『宗祖一遍上人御遠忌』として「踊り念仏」を奉納しているのですが、今年は上記の法要とのダブル開催でしたので、時宗遊行上人をはじめ時宗総本山の僧侶の皆様が来られ、例年以上に盛大な法要となりました。

檀信徒の皆様にはこれまでお伝えして参りましたが、来年の真教上人七百年御遠忌に向けてこれから宗派を上げて、さまざまな法要が各地で開催されます。

そのような中、今回を含めその各法要に毎回お出ましになられる宗祖一遍上人から数えて74番目の現在の時宗遊行上人は、今年で数え年100才をお迎えになりました。

私も修行中には総本山で何度も励ましのお言葉をいただき、修行が終わってからでも、総本山でお会いした際にはいつも温かいお声掛けと当寺院のことを気にかけていただいてきました。

そのご恩に報いる為にも、この真光寺から続いていく各法要の最後となる来年10月に総本山でお勤めされる大法要には、檀信徒の皆様と一緒に参加できるようにしたいと思っていますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

それでは暑い一日でしたが、各方面から御多忙の中お集まりいただいた諸大徳の皆様、そして当寺院の檀信徒を含む当日お参りにきていただいた皆様、本当にお疲れ様でした。

合掌

普照院HPに戻る

2018年9月 2日 (日)

丹生山登山(長男編)

Tanjosan_25000_20160224_1

今日は息子(小学3)と一緒に、神戸市北区にある『丹生山(たんじょうざん)』に登ってきました。

なぜこの山に登ったことを、このブログにアップするのかは下記を読んでいただきたいのですが、その際に登ったルートとは別の道を歩きたくて、

http://fusyoin2006.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post.html

上マップの青線ルートでアタックしたのですが、青★マークで道が途中で消滅するというアクシデントに見舞われ、もう一度出発地点に戻り、

『義経道』(義経が須磨の合戦で迂回した道と言われる箇所・オレンジ線ルート)を通り、無事丹生山山頂にある「丹生神社」に到着することができました。

Dsc08442_2

その義経道の途中には上記のような「僧侶のお墓」があり、ここに大伽藍があったことを感じ取ることができました。

Dsc08445

そして義経道が終わり参詣道に合流してから約10分の山頂には、当時の大寺院であったとされる『明要寺』跡石碑があり、その奥に丹生神社が静かに鎮座しています。

Dsc08450

前回、次女と登った(奇しくも全くの同日)のが平成24年(2012)で、あれから6年。

今年7月の西日本豪雨災害、そして先々週の台風20号の爪痕が各所(特に義経道)に残る登山でしたが、色々新たな発見があった時間でした。

合掌

普照院HPに戻る

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ