普照院の行事

当寺院の年中行事等のご報告

2018年4月 8日 (日)

花まつり

Securedownload_1 

先週の暖かさはどこへ行ったのやら、今日も寒い日でしたね。

灘区の方へバイクでお参りに行ったのですが、寒いので軍手を装着していきました。バイクのハンドルカバーを外すのが少し早すぎたようです…(涙)

で、ちょっと気になったので3年ほど前からの「花まつり」のブログを読んでみると、毎年この時期の天候は不安定なようです。春の始まりはこのようなものなので、文句を言っても始まらないのですね~

さてそんなこんなで、今年もこのお釈迦様ご生誕の日まで「誕生仏」を本堂内にお祀りさせていただいています。

写真は隣のお寺の子供たちとお母さんがお参りに来てくれたので、うちの息子と一緒に写真を撮らせてもらいました。隣の娘さん、なかなか良いポーズですね(笑)。

*防犯上本堂入口は施錠してありますが、もちろんどなた様でもお参りできますので、ご来寺いただいた場合はご遠慮なくインターフォンでお知らせ下さい。

そしてこの花まつりは、子供たちの健やかな健康をお祈りする機会でもあります。日本や世界の子供たちが、平和な社会で健康に育つことができるよう祈願したいと思います。

南無釈迦牟尼仏

●『花まつり』(正式には灌仏会)とは、お釈迦様がお生まれになった日をお祝いする行事です。

合掌

普照院HPに戻る

2018年3月24日 (土)

春彼岸塔婆供養会

Dsc07915 

今年のお彼岸は雨ばかりで大変な一週間でしたが、

当寺院の法要日であるお彼岸最終日・結願(けちがん)は予報通り快晴に恵まれ、本当に暖かく穏やかな日となりました。

本日ご参詣いただいた皆様、本当にお疲れ様でございました。

今年は去年のように、息子の小学校でPTA会長としての卒業式の祝辞を同日の午前中に読むことがなかったので(二日前に終わりました)、

あわただしさもなくいつも通りの法要準備ができ、

さらには法要後の法話もぴったり30分で終えることができたので、個人的にはゆとりのある法要となりました。

これにて、とりあえずは本年最初の普照院の大行事を、無事お勤めすることができました。

さあ、これで一段落。

明日からは、ゆっくりと「春」を満喫したいと思います。

*法要終了後に、第40回責任役員会議を開催致しました。議事録の閲覧をご希望の檀信徒の方は、お寺までご連絡下さい。

2018年3月21日 (水)

春彼岸墓園参詣供養

Mbikfeh0c8ftkwp1521623919_152162402 

今年のお寺の最初の行事である春彼岸墓参は、嵐のスタートでした。

でも、もう私も住職になり10年が過ぎましたから理解しております。

雨が降ろうが雪が降ろうが、風が吹こうが嵐が来ようが、いつも中日にお参りされる普照院のお檀家さんは必ず来られるのです。

ですから、私も何が起ころうとも、必ずお墓に参ります。(たまに体調不良でお休みもしますが…(汗))

しかし今年のお彼岸期間はよく雨が降りますね。風もきついし。

でも明々後日の結願・塔婆供養会は、予報によると天気は上々のようです。皆様、本日に引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。

*事前にご連絡をいただければ、住職が代理で墓参することも可能です。諸事情によりお参り出来ないお家の方は、どうぞご遠慮なくご連絡下さい。

(写真は、舞子墓園内にある当寺院墓地です。)

合掌

普照院HPに戻る

2018年2月27日 (火)

浄焚供養(じょうぼんくよう)

Dsc07882

本日の午後、住職のインフルエンザで延期しておりましたお焚き上げ供養(浄焚供養)を、無事にお勤めすることができました。

お預かりしておりました供養物は全てお弔い致しましたので、お申込いただいた施主家の皆様ご安心下さいませ。

また法要が遅くなり申し訳ございませんでした。

今年は比較的お焚き上げするものが少なかったのですが、今日は外がとても暖かくて気持ちよかったので、ゆっくり1時間ほどかけてお供養させていただきました。

さあ、明後日には3月。いよいよ春の足音が聞こえてきたような気がします。

でも今年はインフルエンザのA型とB型の両方が流行しているそうなので、二度もかからぬよう気をつけて生活したいと思います。

来年も涅槃会に併せてこの法要も行いますので、お家にある仏具・お札・人形・遺影等お弔いが必要と思われるものがございましたら、檀信徒以外の方でも結構ですのでご連絡下さい。*神道のお札等でも構いません。

(受付できない場合もございます。)

合掌

普照院HPに戻る

2018年2月15日 (木)

涅槃会(ねはんえ)

Dsc07824_2 

本日、涅槃会をお勤め致しました。涅槃会とは、仏教開祖であるお釈迦様がお亡くなりになった日にお勤めする法要です。

併せて、お申込みいただいた抜魂供養物をお供養しました。(浄焚式)

明日の予定となっておりました供養物のお焚き上げは(浄焚供養)、住職がインフルエンザ中のため少し時間を開けて今月27日(火)にお勤め致します。

まだ病み上がりではありますが、今年も無事お勤めできたことに感謝したいと思います。

合掌

普照院HPに戻る

2018年1月 1日 (月)

修正会(しゅしょうえ)/お正月

Dsc07782 

皆様、あけましておめでとうございます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

先程、新年最初の行事『修正会』が終わりました。皆さんにとっても良い1年になるよう、この修正会で祈念させていただきました。

ちなみに最近、『除夜の鐘がうるさい』という記事をちらほら見かけます。そして、除夜の鐘はどこのお寺でも撞(つ)いているのでは?というご質問もよくあります。

当寺院では、俗にいう「梵鐘(ぼんしょう)」はありませんので、除夜の鐘は撞きません(撞けません)。

その代わりと言ってはなんですが、「半鐘(はんしょう)」という写真のような小さな鐘を、ご近所さんに気を使いながら午前0時に10回撞きます。

昔は当寺院にも梵鐘があったのですが、戦争で供出させられ今なお再興できずにいます。

除夜の鐘などをつく意味の中には新年の平和を祈ることがあり、さらには日本の場合は特に鐘をつけるということは上記の事柄のように平和の証なのですが、なんとも難しい時代になったものです。

とにもかくにも、今年も平和な国、平和な世界でありますように。

合掌

普照院HPに戻る

2017年12月27日 (水)

歳末墓園参詣供養

Securedownload 

ここしばらく暖かい年が続いたこの歳末墓参でしたが、今年は本当に寒い一日で、お参り中も風が強くてまっすぐ立っていられないほどでした。

また、あまりの寒さに車の中で待機していましたので、私がいないのかと心配された方には申し訳ありませんでした。

しかしそんな中でも、ほぼ例年通りのお参り数で、皆様の信心にただただ感心させられました。

そして今年はなぜか、大黒(住職の妻のこと)へのプレゼントを数名の方からいただきました。

「なぜか」と書いてはしまいましたが、私だけでなくお寺の大黒にまで心配りいただけるなんて、寒い中心温まりました。

いただいたお家の皆様、本当にありがとうございました。

さあ、この墓参日をもって本年の当寺院の諸行事も全て終了致しました。

皆さん、今年一年もたいへんお世話になりました。来年も何卒宜しくお願い申し上げます。

それでは良いお年をお迎え下さい。

*事前にご連絡をいただければ、住職が代理で墓参することも可能です。諸事情によりお参り出来ないお家の方は、どうぞご遠慮なくご連絡下さい。

合掌

普照院HPに戻る

2017年12月 8日 (金)

平成29年 授戒会(じゅかいえ)

Ou0imchy7eepiz51512743626_151274368

本日、歳末別時念仏会『一つ火』法要が、兵庫教区・時宗真光寺にて行われました。

当寺院では、本年内に当寺院にて生前授戒をされた方にこの法要への出仕をお願いしておりますが、皆さん都合があり当寺院からの出仕者はおられませんでした。

さあ、この行事が終わるといよいよ今年も終わりです。なんだかあっと言う間の1年だったように感じますが、はたして充実していたからなのか、歳なのか・・・(笑)。

来年も良い年でありますように。

(写真は、今年の出仕者の皆様です。)

*普照院では真光寺別時念仏会『一つ火」法要にて、本年生前戒名をご希望された方の授戒を行なっております。

合掌

普照院HPに戻る

成道会・永代供養塔納骨供養

Dsc07756

日は、お釈迦様が仏教の悟りを開かれた「成道会(じょうどうえ)」です。

当寺院では毎年この成道会の日に、納骨希望の精霊を舞子墓園普照院墓地内永代供養三界萬霊塔に納骨供養しております。

今年は昨日からの冷え込みがさらに厳しい朝となりましたが、午前11時より法要を開始し、

雨の予報でもありましたがなんとか降られずに、無事全ての精霊の納骨供養をお勤めすることができました。

本年の納骨施主家の皆様、ご安心下さいませ。

●納骨に際しては、檀信徒以外の方でも構いません。また宗派等も不問です。詳細のお問い合わせ等は、いつでもご遠慮なく電話・メールにてご連絡下さい。

*この普照院永代供養塔では、春秋彼岸・盆・歳末に墓前供養を行っております。

合掌

普照院HPに戻る

2017年9月26日 (火)

秋彼岸塔婆供養会

Dsc07657

本日は秋彼岸の塔婆供養会でした。お参りいただいた檀信徒の皆様、お疲れ様でございました。

せっかくの良い天気だったのですが、私は先日からの風邪で頭がボーっとしていまして、特に法要後の30分法話はグダグダになってしまったような気がします。

聞いていただいていた皆様、申し訳ございませんでした。

僧侶たるもの、日頃の体調管理にも気を配らねば、と反省しきりの彼岸の最終日となりました。

さて、これで今年の当寺院の3大行事も全て終了しました。

また来年の春のお彼岸で、皆様のお元気な姿を拝見できることを祈念しております。

合掌

普照院HPに戻る

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ