住職の活動

日々の活動等を書いてます

2018年11月12日 (月)

熊野古道散策 [4]

Dsc08631
熊野古道二日目の朝は、早い。
と、前回は書きましたが、今回は宿から出発地まで車で送迎していただき、昨日と同様8時過ぎに今日のコース、『小雲取越(小口~熊野本宮大社:行程15.5㌔)』に入りました。
朝もやの中、やはり最初は登りが続きますが、「小雲取」いうネーミングがいかにもと言った爽快な雰囲気です。
ちなみに昨日の最高地点は標高870mでしたが、今日はコースの名が示す通り昨日の半分くらいの400m弱。多少の登りは覚悟していましたが、後半は快適なハイキングを楽しめる、そうです。
が、しかし昨日、自分の足に大きな爆弾を抱え込んでしまった私にとっては、もういつその痛みがひどくなるか、頭の中はそればっかりになってしまいました。
そんな中、これも昨日と違い今日は所々に絶景ポイントが。
Dsc08635
綺麗な雲海。スタート地点から1時間ほどの場所です。時間的にもちょうど良かったのでしょうね。
この風景を見た後は、小刻みな登り下りの連続になります。もうすでに標高400m付近にいたからだと思いますが、最初の1時間を過ぎるとそんなにハードな箇所はありません。
Dsc08638そしてその道すがらに、昨日もたくさん見かけたのですが、リンドウ?の一種でしょうか、岩陰や道端にポツッポツッと生えていた綺麗な花がありました。
そのほとんどがまだ蕾でしたが、これが開花期を迎えたころにこの古道を歩くと(多分、後2・3日後)、とても心和むんだろうなあ~と、道中ほのぼのしてしまいました。私が普段見る仏花も心が落ち着いて良いですが、こうい小さな花も良いものですね。
おっと、忘れていました。
前回と同様に今回も、私たちにはバスの発車時刻(午後3時2分)までに到着地点に着いておかないといけない、という時間との戦いもありましたので、いつまでも道草をしている場合ではありません。
しかも今回は、私の足に爆弾が・・・

そうそう、だからと言って忘れてはならない大きな使命が、私たちにはありました。そもそも息子がこの熊野古道を歩いた大きな目的は、「スタンプを集めること」なのです。
しかも今日のこの小雲取越で、その中辺路スタンプラリーの全てのスタンプが完成します。だから、息子はそのことで頭がいっぱい。Dsc08636
と言った親子二人の頭の中はそれぞれの思惑が充満しながら、どんどん歩いていきます。
Dsc08643
途中には、こんな絶景ポイント(百間ぐら付近)も。
すれ違う人は、外国の方がほとんど。でも挨拶は、皆さん日本語!
そしてそうこうしながら、お昼ご飯を食べた「松畑茶屋跡」まで、多少のアップダウンはありましたが、言われていた通り快適に歩けるコースです。
でも、私は自分の足のせいで着実に予定が遅れ、その昼ご飯を食べる場所へは予定時刻30分遅れの12時到着。
30分休憩した後、最後の目的地・請川バス停(目標到達時間:65分)を目指します。

結局、バス停には13時半着。もう足はボロボロで、このバス停から(ではなく少し本宮側に歩いた所にある同名のバス停です。乗る方は注意して下さい)、バスに乗って本宮へ向かい、

無事にゴ~~~ル(感謝)

最後になりましたが、今回の二日間のルートで昼食が買えるようなお店は、前回同様皆無です。
また初日の昼食ポイントにだけ飲み物の自動販売機がありました。今回のルートは途中で全く集落を通らなかっただけに、これは驚きでした。
それとトイレが少ないです。男だから大丈夫ではなく、古道区間は神聖な場所ですし外国の方がたくさん歩かれていますので、注意が必要だと思います。

1_2 そしてもう一つ、到着地の熊野本宮大社では右図のような特別展が開催されていました、
昨日まで(涙)
あらためて熊野と時宗の歴史的結びつきを感じました。
いかがでしたでしょうか。
今回は熊野古道の大雲取越・小雲取越を足早に解説させていただきました。
この度も息子と共に完歩できたことに感謝しつつ熊野大社を後にしましたが、前回同様色々な経験をさせてもらえた二日間となりました。
この経験が、これからの僧侶生活の糧になればと思います。

2018年11月11日 (日)

熊野古道散策 [3]

11月11日(日)~12日(月)の二日間で、当寺院の宗派である時宗の立宗開教の地『熊野古道・中辺路』の大雲取越・小雲取越(熊野那智大社:那智勝浦町~熊野本宮大社:行程29・5㌔)を、息子と共に歩いてきました。
Webkumanokodomap_3 半年前にこのブログに書いた、熊野古道を歩いた日記でも説明させていただきましたが、http://fusyoin2006.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-ba55.html
この熊野古道という場所は時宗宗祖一遍上人が実際に歩き、そして更にその到着地である熊野本宮大社に至った所で悟りを得られた、時宗僧侶にとってとても大切な聖地です。
前回はその熊野古道・中辺路(なかへじ)の本ルートとも言うべき「滝尻~本宮大社」を歩きましたが、実は中辺路ルート(茶色)はこの区間だけではなく、図のようにまだいくつかのルートがあります。
(さらに熊野古道には、中辺路を含めて全部で6つのルートがあります)
と、言うことで今回もこの二日間・中辺路別ルートの行程を、このブログ内に記録としてとどめておこうと思います。
Securedownload さて、前回は当日歩いている途中に、急な迂回路を選択する羽目になった(私の明らかな情報収集不足…)のですが、
今回はその反省も踏まえた充分な情報収集に加え、親切にも最初の古道入口にしっかりとした迂回看板が出ていましたので、事前に対策を練って登山を開始することができました。
それではいよいよ本日のルート、『大雲取越(熊野那智大社~小口:行程14㌔)』の出発地点より、写真の看板を横目に午前8時30分にスタートしました。
ここで何度も前回、前回と書きますが、やはりそれと同様、このルートも最初の1時間は全行程の中で一番辛い時間だったのかなあという区間になります。まあここで一気に標高900m程まで登るので、そう感じたのかもしれません。
途中、昭和天皇が行幸された公園(那智高原公園)などがありましたが、今は廃墟と化しています。
そうそう、前回のルートには〇〇王子という目印のようなものがありましたが、今回のルートにあるのは数字が書かれた道標があるだけです。
また所々に、もうすでに熊野古道名物と化した石のオブジェも、これまた前回ほどではありませんが見かけることができます。

逆に今回のルートで前回と明らかに違ったのは、倒木や斜面の崩れが多かったことです。
Dsc08615
これは平成23年の大洪水の傷跡ではなく、おそらく今年になって関西にいくつも上陸した台風の影響だと思われます。私が息子と行く六甲山系も同様ですが、世界遺産となった熊野古道でもその対策にはまだ時間がかかるようです。
とは言え、うちの息子はアスレチック感覚でしたが近年この古道を訪れる外国の方の中にはかなりご高齢な方もおられるようですから、急いで対策していただきたいものです。
Dsc08610_3 ところでその息子にとって、とても素晴らしい発見がありました。
フンコロガシの一種だと思いますが、瑠璃色のキレイな虫をみつけることができました。
カナブンやタマムシのような緑色に輝く昆虫を私も見たことはありましたが、「青く」輝く生きた虫を見るのは、親子共々初めてでした。まさに古道からの、生きた誕生日プレゼントでした(この日は息子の誕生日)。
まあ、ヘビにも遭遇してビックリさせられましたが・・・(笑)

さて、時間行程の記録をまったく書いていませんでしたね。
とは言っても、この大雲取越ルートには数字の道標以外にはいくつかの「茶屋跡」があるくらいで、残念ながら目印になるようなものがあまりありません。
特に出発してからお昼ご飯の目安となる「地蔵茶屋跡」の直前までは、基本的にとにかく登るだけの単純な区間で、景色をゆったり眺めることができるような箇所はその道中のほとんどに樹木が生い茂っていた為からか、あまり記憶に残っていません。
さて、その地蔵茶屋跡に到着したのがお昼の12時半ごろ。予定時間より小一時間ほど遅れましたが、許容範囲内です。ただ、私の足の調子がイマイチになり始めたのもこの頃からですから、やはりけっこうキツかったのかもしれません。
そしてここから、今日の入り口看板にあった迂回路が始まります。本来20分で通過できる道が土砂崩れで通行不可の為、60分かけて迂回します。
ここで、ちょっと思考。今日は午後3時にゴール地点に到着予定でしたから、迂回が入って4時。しかし昼飯の時点で1時間遅れでしたから、到着は午後5時になります。
・・・山の5時はちょっとマズイ。
ってことで、登りも落ち着き平たい道が多くなってきたので、ちょっとスピードアップ。
登り、下り、登り、下りしているうちに今日の最高地点「越前峠(870m・中辺路の中で最高所)」に到達。しかしその頃には、もう私の足が悲鳴をあげ始めていました。
左足の親指の付け根が、痛い。
いや、実は登山開始前から痛かった、と言うより、神戸にいた時から痛かった。大丈夫、大丈夫と言い聞かせてここまで来てしまった・・・
この越前峠からゴールの「小口(標高65m)」までは、一気に800mも下ります。これは足の付け根が曲げることができなくなった私にとって、拷問のような区間でした。
Securedownload_2_3 結局、息子に励ましてもらいながらゴールにたどり着いたのは、午後5時ちょうど。と、言うことで、このタイムは健康体の方にはあまり参考にならないと思います。
最後にもう一つ。
今晩泊まった宿の方に聞いたのですが、この大雲取・小雲取越ルートは、日本人の方はだいたい私が今回歩いた方向を歩き、最近訪れることが多くなった外国の方は逆向き方向から歩く(熊野大社→熊野那智大社)ことが多いそうです。
そしてその外国人方向で歩いた場合、私が「拷問のような」と書いた区間は、私だけでなく誰にとってもかなりキツイ行程となるようです。
(私は下ったので想像しかできませんが)それは約5㌔区間で800mを上ることになるため、特にこの区間を「胴切り坂(胴を切られるくらい疲れる)」と呼ばれているそうです。自信のある方は、是非チャレンジされてみてはいかがでしょうか・・・
と言うことで、今晩は『高田グリーンランド 雲取温泉』 http://www.kumotori.yad.jp/index.html にお世話になりました。
小口から少し離れた宿でしたが、無料で送迎をしていただきとても助かりました。ありがとうございます!
が、はたして、ここの温泉は私の足をどこまで治癒してくれるのでしょうか・・・

合掌

普照院HPに戻る

2018年9月17日 (月)

二祖真教上人七百年御遠忌記念 有縁の地法要

Dsc08521

昨日、当寺院から歩いて2分程の場所にある時宗 真光寺で行われた『二祖真教上人七百年御遠忌記念 有縁の地法要』のお手伝いに参加してきました。

毎年、同日に『宗祖一遍上人御遠忌』として「踊り念仏」を奉納しているのですが、今年は上記の法要とのダブル開催でしたので、時宗遊行上人をはじめ時宗総本山の僧侶の皆様が来られ、例年以上に盛大な法要となりました。

檀信徒の皆様にはこれまでお伝えして参りましたが、来年の真教上人七百年御遠忌に向けてこれから宗派を上げて、さまざまな法要が各地で開催されます。

そのような中、今回を含めその各法要に毎回お出ましになられる宗祖一遍上人から数えて74番目の現在の時宗遊行上人は、今年で数え年100才をお迎えになりました。

私も修行中には総本山で何度も励ましのお言葉をいただき、修行が終わってからでも、総本山でお会いした際にはいつも温かいお声掛けと当寺院のことを気にかけていただいてきました。

そのご恩に報いる為にも、この真光寺から続いていく各法要の最後となる来年10月に総本山でお勤めされる大法要には、檀信徒の皆様と一緒に参加できるようにしたいと思っていますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

それでは暑い一日でしたが、各方面から御多忙の中お集まりいただいた諸大徳の皆様、そして当寺院の檀信徒を含む当日お参りにきていただいた皆様、本当にお疲れ様でした。

合掌

普照院HPに戻る

2018年9月 2日 (日)

丹生山登山(長男編)

Tanjosan_25000_20160224_1

今日は息子(小学3)と一緒に、神戸市北区にある『丹生山(たんじょうざん)』に登ってきました。

なぜこの山に登ったことを、このブログにアップするのかは下記を読んでいただきたいのですが、その際に登ったルートとは別の道を歩きたくて、

http://fusyoin2006.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post.html

上マップの青線ルートでアタックしたのですが、青★マークで道が途中で消滅するというアクシデントに見舞われ、もう一度出発地点に戻り、

『義経道』(義経が須磨の合戦で迂回した道と言われる箇所・オレンジ線ルート)を通り、無事丹生山山頂にある「丹生神社」に到着することができました。

Dsc08442_2

その義経道の途中には上記のような「僧侶のお墓」があり、ここに大伽藍があったことを感じ取ることができました。

Dsc08445

そして義経道が終わり参詣道に合流してから約10分の山頂には、当時の大寺院であったとされる『明要寺』跡石碑があり、その奥に丹生神社が静かに鎮座しています。

Dsc08450

前回、次女と登った(奇しくも全くの同日)のが平成24年(2012)で、あれから6年。

今年7月の西日本豪雨災害、そして先々週の台風20号の爪痕が各所(特に義経道)に残る登山でしたが、色々新たな発見があった時間でした。

合掌

普照院HPに戻る

2018年7月27日 (金)

(息子が)子弟講習会参加中

502_1_2

先日より、息子が総本山の研修に参加させていただいています。

8年前に娘たちが参加した時と比べ本当に人数が増え、しかも女子の参加が多く、時代の変化を感じさせられました。 http://fusyoin2006.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-bd81.html

これからはお寺の住職も、女性(いわゆる尼さん)がどんどん増えてくると思います。

ちなみに仏教は『女人禁制』のイメージがありますが、お釈迦様がご存命のころから女性の僧侶もたくさんおられ、

高野山や永平寺で言われるような女人禁制は、あくまでも修行道場の中のルールのことで、仏教自体が女性の出家を禁止している訳ではありません。

まあとにかく、一皮むけて帰ってくる息子を楽しみにしたいと思います。

合掌

2018年6月20日 (水)

熊野古道散策 [大斎原]

Dsc08069

先日お参りさせていただいた熊野本宮大社

その熊野本宮大社と時宗の関係は、時宗総本山HP内の一遍上人のご生涯 『熊野成道』を参考にしていただければと思いますが、

そのような歴史から熊野大社前(旧社地)にある大斎原(おおゆのはら)には、時宗の有志が昭和46年に建立した『名号碑』(上写真)があります。

そしてその台座(写真の石垣)の石の一つ一つには、その時の有志銘が刻まれており、当寺院の当時の住職はその有志の一人でしたので、

当寺院の銘も彫り込まれていました。(下写真)

Dsc08071

嬉しいものですね。

特に当寺院のお檀家さんがお立ち寄りの際は、是非探してみて下さい。

2018年6月 5日 (火)

熊野古道散策 [2]

熊野古道二日目の朝は、早い。
宿を朝7時には出発しないと、熊野本宮大社から紀伊田辺駅行きの最終バスの発車時刻に間に合いません。今日の行程24㌔は時間との戦いですので、もし同じ行程で歩く方がおられた時のために、到着希望時間も含めて書いておきます。

まず昨日泊まった近露を午前7時に出ると、次の目標地点は「継桜王子」になります。(下写真)
Dsc08034
ここには「いかにも!」と叫んでしまいそうな、霊験あらたかな樹齢の大杉が迎えてくれます。パワーをたくさんいただきたいところですが、午前8時には通過しましょう。
そして、ここまでとここからしばらくは舗装路(たまに山道)が続きますが、「小広王子」あたりから再びしっかりと山道に入ります。
それとこの「小広王子」からしばらく歩くと注意していただきたいのですが、その途中からは、平成23年の水害の影響で迂回ルートを余儀なくされます。
Dsc08035
本日は時間との戦いでしたので、この迂回強制はかなり時間の浪費となりました。
なお、おそらく正規ルートの方は、今後も復活することは無いと思います。

その後の「蛇形地蔵」着は、午前10時40分。

「湯川王子」着は、午前10時50分。

昼食は、三越峠で午前11時30分くらいが理想でしょう。休憩は長くても15分以内で済ませて下さい。
なお昼食が買えるようなお店はこの古道区間は皆無ですから、宿の方にお願いして有料でも作ってもらいましょう。
そしてここまでは、登り下りがほんとうに目まぐるしく変わります。初日にも書きましたが、迂回も含め正に人生そのもの、という感じです。

その後、「発心門王子」に午後1時。
この時間帯にここまで到着された方は、もうご安心下さい。ここからはほぼ舗装路で、未舗装区間もとても歩きやすく整備されています。

その後の「水呑王子」、午後1時40分。

「伏拝王子」、午後2時20分。
このペースですと熊野本宮大社には、途中展望台へ寄り道しても午後3時すぎには到着できます。
Dsc08039
↑↑ 展望台ルートへは、時間の許す限りお立ち寄り下さい。

これまで人生に例えてきましたが、「発心門王子」からは正に老後です。
これまでがむしゃらに生きてきた人生をゆっくり振り返りながら、段々と目的地(熊野本宮=極楽浄土)に向かって高度を下げていきましょう。

そしてその途中にある上写真の展望台から見える景色は、正に人生の集大成を迎え、
『自分自身が何のために生かされてきたのかを、そして人生の最期を知る瞬間』
なのかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
熊野古道・再生の地を足早に解説させていただきました。
この度は息子と共に完歩できたことに感謝しつつ熊野大社を後にしましたが、今回も色々考えさせれられた二日間となりました。
この経験が、これからの僧侶生活の糧になればと思います。

Scn_0001

熊野古道散策 [1]

昨日の6月3日(日)~4日(月)の二日間で、当寺院の宗派である時宗の立宗開教の地『熊野古道』の中辺路(なかへじ:滝尻王子~熊野本宮大社:行程38㌔)を、息子と共に歩いてきました。

この熊野古道という場所は時宗宗祖一遍上人が歩いた、そしてその後の熊野本宮大社に至った所で悟りを得られた、時宗僧侶にとってとても大切な聖地です。
もしかすると、一遍上人が歩かれた鎌倉時代後期当時の景色が残っているのかもしれない、と思いながら歩いていると、とても心躍るものがありました。

そしてこの古道は「再生の地」としても有名で、私はこの滝尻(胎児としての誕生)~熊野本宮大社(死=極楽往生)間は、自分自身の人生を振り返ることで再生を果たす意味があるのではないかといつも感じています。
まあそんなこんなで、とりあえずそのような二日間の行程を、このブログ内で記録としてとどめておきたいと思います。

まずは前日の夜にJR紀勢本線「紀伊田辺」駅に到着、田辺ステーションホテルに泊まりました。
翌朝、紀伊田辺駅前より出発する路線バスに午前8時ごろ乗り込み、出発地「滝尻」駅へ向かいます(運賃980円)。バスは、これを逃すともうありません。
そして午前9時ごろ、滝尻に到着。バスを下りるとすぐの橋を渡り、スタンプを集める方は『熊野古道会館』 http://www.tb-kumano.jp/kumanokodo/kodokan/ で帳面を購入(100円)し、
いざ、「滝尻王子」より出発です。
Dsc08016
私たちの初日の目的地は、「近露王子(ちかつゆ)」:行程約14㌔。
最初の30分は、おそらく全行程の中で一番辛い時間になるかと思いますが、ここは『再生の地・熊野古道』でいうところの、母の胎内にいる道のりですので、納得させられる区間であります。
Dw6ixcdtigqdyir1528164239_152816425
それからだいたい2㌔前後を目安に、下写真のような「〇〇王子」と呼ばれる目印を通過しながら(自分の人生と重ね合わせながら)、上り下り歩いていくことになります。
また全部ではありませんが、その王子や旧跡などにスタンプが置いてあり(上写真)、子供も楽しめるようになっています。(全部集めると完歩証明がもらえるそうです。)
Dsc08018_2その道中、あることに気づきます。
道の脇に、石を積み上げて作ったオブジェをたくさん見ることができるのです。
これまで私は3回、この熊野古道を歩きましたが、本物は初めて見ました。
一度テレビで観て知ってはいたのですが、それは地元に移り住んだイーデス・ハンソンという女性が、一人で始められたことなのだそうです。
現在は古道を歩く一般の方々も作り始めているようで、今は全部がその方の創作ではないと思いますが、単調な道のりを楽しませくれる日本人には無い発想が、和洋折衷の雰囲気を漂わせ和ませてくれました。

と、思っていたら息子まで作り始めました(汗)

と、まあ、初日は比較的のんびりと歩いても十分夕方には近露に到着できます(到着午後3時すぎ)ので、安心して歩いてください。
なお今日のお昼ご飯の場所は「十丈王子」がベストだと思いますが、バスに乗り込む前に必ず買っておいて下さいね。
滝尻以降でご飯を売っている場所は、皆無です。
また途中の休憩場所は、午前中は「高原熊野神社」横にある霧の里、午後は「牛馬童子」直前の道の駅が良いと思います。
Dsc08029
二晩目の宿は、『民宿 ちかつゆ』 https://ameblo.jp/chikatsuyu/ にお世話になりました。
とっても優しい若旦那さんと、料理がとても美味しい美人の奥様が迎えてくれました!

合掌

普照院HPに戻る

2018年3月25日 (日)

平成29年度 会計監査報告

檀信徒各位

平成29年度(平成29年3月1日~平成30年2月28日)の会計監査を今月5日に行い、総代会議(24日)内において適正に処理されていることをご承認いただきました。

会計監査員:藤原税理士事務所 様

合掌

宗教法人普照院 代表役員・住職 小田義宗

普照院HPに戻る

2018年2月 3日 (土)

節分追儺式

Dsc078091 

今年はお参りや所用が重なり、『節分追儺式』は午後6時よりお勤めしました。

ですので豆まきをするころには、どっぷり日も暮れていました。

普照院のある神戸市兵庫区は、インフルエンザが猛威をふるっていますが、今のところ家族全員健康に過ごさせていただいています。

今年も良い年になりますように。

合掌

普照院HPに戻る

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ