住職の活動

日々の活動等を書いてます

2017年3月24日 (金)

平成28年度 会計監査報告

檀信徒各位

平成28年度(平成28年3月1日~平成29年2月28日)の会計監査を今月13日に行い、総代会議(23日)内において適正に処理されていることをご承認いただきました。

会計監査員:藤原税理士事務所 様

合掌

宗教法人普照院 代表役員・住職 小田義宗

普照院HPに戻る

2017年2月 3日 (金)

節分追儺式

Dsc07079

今年は夕方に本堂で書道教室がありますので、『節分追儺式』は午前中にお勤めしました。

でも豆まきくらいは夕方に、小学生になって初の節分を迎えた息子にお願いしようと思っていましたら、

インフルエンザでダウン(涙)

結局、私が一人寂しく豆まきも行いました。

でも豆をまいている途中、スズメさんたちが集まってくれてにぎやかになりましたので、少し気分も晴れました。

出鼻をくじかれましたが、今年も良い年になりますように。

合掌

普照院HPに戻る

2017年1月17日 (火)

阪神淡路大震災 23回忌

Dsc07043_2

今年は震災でお亡くなりになった方の23回忌にあたります。

今朝も阪神淡路大震災が起こった午前5時46分に、お寺の半鐘をつきお供養させていただきました。

ところで当寺院でのこの半鐘を打つ供養は、私の師匠である義父が私も一緒に住んでいた頃の薬仙寺で行っていたことを、私が当寺院の住職になってから始めたもので、

震災以降ずっと続いてきたものではありません。

昨年末に大晦日の除夜の鐘に関して「鐘の音が近所迷惑になる」という記事を何度か見ましたが、この震災の追悼の鐘もいつか同じように思われてしまう日が来るのではないかな、と感じるところが以前からありました。

先週から各新聞でも様々な追悼関連の記事が見受けられましが、そのほとんどが震災の風化を懸念したもので、昨日の神戸新聞の一面にも『震災後の入庁者過半数に  教訓継承が課題』とありました。

しかし時と共に忘れていくことも、また人間の性であります。

ですからもちろんお寺としては、これまで通り毎月17日には神戸の震災でお亡くなりになった方々の供養をずっとお勤めしていきますが、

毎年、この『早朝に鐘を打つ供養』は33回忌までにしようと、23回忌を迎えて思いました。

南無阿弥陀仏 為 阪神淡路大震災犠牲之諸精霊

合掌

普照院HPに戻る

 

2016年12月24日 (土)

総本山月例法話会(平成28年)

Dsc06968

昨日23日、総本山で毎月行われている月例法話会の12月の講師として、神奈川県藤沢市(湘南海岸の近くです)まで行ってきました。

毎年だいたい1時間程お話をさせていただくのですが、今回のお題は、

『変革期を迎えた日本の仏教』でした。

今回もこれまで通り一貫した、

『宗教とは生きている人間の心の安寧のためにある』

ことをテーマにしてお話させてもらいました。

お話の後の質疑応答の際に、「事前に総本山HPで公表していたタイトルから、今日はこれからの日本仏教、特に時宗(じしゅう)の僧侶が町に出て辻説法のような何か新しいアクションを模索しているお話しかと思っていました。」との感想をいただきました。

確かに変革期だと私自身で言ってるのですから、私たち僧侶も新しい『何か』と模索しないといけないとも思います。

ただ私はその方に返答したのですが、

「変革期を迎えお寺の未来は混とんとしてはいますが、仏教の『布教』に関しては、今まで通りのスタイル、つまり『待つ』というスタイルが、仏教の特色だと私は考えています。

ですから新しい時代が来ても、布教に関しては仏教僧はかたくなにそれを守り続けなければいけないと思います。」と。

ただし、それが正解かどうかの答えはまだまだみつかりません。日々精進したいと思います。

色々勉強させていただき、 ありがとうございました。

合掌

普照院HPに戻る

2016年3月25日 (金)

平成27年度 会計監査報告

檀信徒各位

平成27年度(平成27年3月1日~平成28年2月29日)の会計監査を今月16日に行い、総代会議(23日)内において適正に処理されていることをご承認いただきました。

会計監査員:藤原税理士事務所 様

合掌

宗教法人普照院 代表役員・住職 小田義宗

普照院HPに戻る

2016年2月 3日 (水)

節分追儺式

Dsc06225_2

今夕、『節分追儺式』をお勤めし、その後豆まきを行いました。

今年は昼過ぎから色々予定が詰まっていたので、例年と違って追儺式と豆まきは少し遅れて夕暮れ時になってしまいました。

そして今年の『豆まき』の大役は、最近はクラブで忙しいお姉ちゃんたちからバトンを受けた、来月に幼稚園を卒業する息子にお願いしました。

で、今年も大きな声で

「鬼は~外!」

と言うのかと思いきや、我が息子、声が小さい。

ん?思春期?

いや違う。ちょうど近くの高校の下校時間と重なったために、恥ずかしいみたいです。

ここは父親が見本を見せねば!(でも、ちょっと私も恥ずかしい(汗))

「鬼は~外!」(みんな見てる(汗・汗))

やっとその後、息子も一緒に撒いてくれました

今年も良い年になりますように。

合掌

普照院HPに戻る

2015年12月23日 (水)

総本山月例法話会(平成27年)

01c8f01d1c4b8dcccb0d8aed1ecf277010e

本日、総本山で毎月行われている月例法話会の12月の講師として、神奈川県藤沢市(湘南海岸の近くです)まで日帰り出張でした。

毎年だいたい1時間程お話をさせていただくのですが、今回のお題は、

『人が生きるための極楽浄土』でした。

今日の登壇を合わせてこれまで5回、この月例法話の機会をいただいたのですが、

私はこれまで一貫して、

『宗教とは生きている人間の心の安寧のためにある』

ことをテーマにしてお話させてもらっています。

しかしそのテーマの壮大さゆえに、私のような若輩者ですと頭の中ではまとまっているつもりでも、なかなか他人にその真意を伝えることが難しいのです。

はたしてお集まりいただいた聴衆の皆さんに、今回も納得してもらえたのか心配なのですが、毎年少しづつでも私の話術とお話の内容が進化していけるよう、これからも日々精進したいと思います。

今日も色々勉強させていただき、 ありがとうございました。

合掌

普照院HPに戻る

2015年12月13日 (日)

歳末別時念仏会『一つ火』法要

Dsc06116_800x600

本日、歳末別時念仏会『一つ火』法要が当寺院にて勤修されました。

例年は、同宗派である時宗 真光寺で行われる法要ですが、今年は場所を変えて当寺院でお勤めされることになりました。

なにぶん、2ヶ月前の10月に当寺院で行われることが急遽決まったため、檀信徒の皆様やその他当寺院ホームページで告知するなどして参拝者を募ることが出来ず僧侶のみのお勤めでしたが、

当寺院本堂にご安置されている永代供養位牌並びに本堂内納骨堂の諸精霊だけでも、真光寺にて100年以上前から途切れることなくお勤めされてきたこの別時念仏会『一つ火』法要を直接体験し、とても喜んでおられるように感じました。

そして法要会場として本堂をお貸しさせていただいた住職としましても、我が寺そして本堂にてこのような厳粛なる法要がお勤めされ、大変充実した時を持つことができました。

このようなご機会をいただいた諸大徳の皆様に、檀信徒一同、そして本堂で眠る諸精霊を代表致しまして感謝申し上げます。

合掌

普照院HPに戻る

2015年3月25日 (水)

平成26年度 会計監査報告

檀信徒各位

昨日の総代会議内において、平成26年度(平成26年3月1日~平成27年2月28日)の会計監査を行い、適正に処理されていることをご承認いただきました。

会計監査員:宗教法人普照院 責任役員様

合掌

宗教法人普照院 代表役員・住職 小田義宗

普照院HPに戻る

2015年2月 3日 (火)

節分追儺式

Dsc04628_1024x768

今夕、『節分追儺式』をお勤めし、その後例年通り豆まきを行いました。

今年の豆まきの大役は、昨年クラブを引退した長女と幼稚園から戻ってきた息子の初コンビにお願いしました。

ところで午前中に整骨院に行って電気をあててもらっていると、隣のお婆ちゃんと整骨の先生が、「今日はイワシを食べて・・・云々」とお話していました。

へ?節分は恵方巻きだけでなく、イワシも食べなきゃいけないの?サバ缶だとダメなのかな・・・(*゚▽゚*)?

地方によって色々と風習があるのですね。今年も良い年になりますように。

合掌

普照院HPに戻る

その他のカテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ